サイバーセキュリティ保険

サイバーセキュリティー保険

当社では、サイバーリスクに備える保険として、サイバーセキュリティ保険をご用意しております。

賠償損害費用損害の2種類の損害を補償し、
プランは「ベーシックプラン」と、保障を厚くした「ワイドプラン」がございます。
賠償損害と費用損害に分けて、プラン別の補償内容をご案内します。

賠償損害の補償とプラン

賠償損害の補償

サイバーセキュリティ保険では、以下のリスクに起因する、賠償損害を補償します。
どのような補償があるか、それぞれ事故事例を用いながらご案内します。

1情報の漏えいまたはそのおそれリスク

補償されるプラン
  • ベーシックプラン
  • ワイドプラン

個人情報・企業情報・マイナンバー・クレジットカード番号・
ID番号・メールアドレス・暗証番号等の情報漏えい事故

  • 取引先を装って送信されたメールの添付ファイルを開いたところ、ダウンロードしたファイルにウィルスが仕掛けられており、パソコンが感染。顧客情報が格納されたサーバーに侵入された形跡があることが判明。

  • サーバーが不正アクセスを受け顧客のクレジットカード情報が漏えい。加盟店規約に基づいてクレジットカード会社から再発行等の手続きにかかった費用を求償された。

取引先が管理する情報の漏えいに起因して責任を問われるリスク

  • 自身の端末の感染に気付かず、取引先へメールを送信。取引先のサーバーにマルウェア(ウィルス)が侵入し、さらに取引先の情報が漏えいしてしまった。

サイバー攻撃によらない外部記憶媒体等の持ち出し・紛失、
メール等の誤送信による漏えい事故

  • メールの宛先を誤り、取引先企業とやりとりしていた情報が
    他社に流出してしまった。

  • 電車で移動中に置き引きにあい、顧客情報の入った鞄を
    紛失してしまった。

2他人の業務の阻害リスク

補償されるプラン
  • ベーシックプラン
  • ワイドプラン

自社の業務停止による他社への影響

  • システムの脆弱性を狙われて攻撃を受けた自社のサーバーがダウンし、ネットワークが使用不能になってしまった。取引に大幅な遅延が発生し、業務に支障が出たとして取引先から訴えられた。

他社への攻撃に利用されるリスク

  • 自社の端末がいつのまにか他社へのDDoS攻撃に利用された。
    管理体制に問題があったとして訴えられた。

他社のネットワークやデータ・プログラムへの影響

  • 自社から送信したメールが原因で、取引先企業のシステムをウィルスに感染させてしまった。後日、取引先企業が中断したネットワークを復旧させるのにかかった費用を請求された。

  • 取引先に外部記憶媒体を持ち込んで資料を開いたところ、ファイルにウィルスが仕掛けられており、取引先に感染を拡大。重要なデータが損壊したとして損害賠償請求された。

3サイバー攻撃に起因する対人・対物事故リスク

補償されるプラン
  • ワイドプラン

自社の端末やIoT(機器の脆弱性を狙った攻撃)

  • 商業ビルの空調管理システムがサイバー攻撃により誤作動を起こし、結露が大量発生した。テナントの商品にカビが付着、汚損したとして損害賠償請求された。

  • サイバー攻撃による停電で、エスカレーターが急停止してしまい、来場者が転んでケガをした。

※ IoT(Internet of Things)
さまざまな「モノ」がインターネットに接続され、相互に情報の交換が行われることをいいます。
センサーがキャッチした情報の集積や、遠隔からのモノの操作が可能となり、生活の利便性向上・改善や、
ビジネスの創出が期待されている一方で、サイバー攻撃の経路拡大が危惧されています。

4国外からの訴訟リスク

補償されるプラン
  • ワイドプラン

国外での損害賠償請求

  • 海外の取引先から、機密情報を漏えいしたとして
    海外で訴訟を提起された。

ワイドプランとベーシックプランの比較

  ベーシックプラン ワイドプラン
情報の漏えいまたはそのおそれリスク
他人の業務の阻害リスク
サイバー攻撃に起因する対人・対物事故リスク ×
国外からの訴訟リスク ×

補償する損害

損害賠償金のほか、事故発生の際に適切な対応を行うための費用、
訴訟・調停・和解・示談などの対応の費用をお支払いします。

  • ①法律上の損害賠償金
  • ②争訟費用
  • ③権利保全行使費用
  • ④訴訟対応費用

(注)訴訟対応費用は、1請求・保険期間中1,000万円の支払限度額が適用されます。

費用損害の補償とプラン

費用損害の補償

サイバーセキュリティ保険では、賠償損害の他にも、費用損害を補償します。
時系列に沿って、発生する費用をご案内します。
なお、選択いただくプランによって、補償できる費用が変わってきますのでご注意ください。

補償対象となる事由

  • ベーシックプラン

    • 1情報漏えいまたはそのおそれ
    • 2情報システムの所有・使用もしくは管理
      または電子情報の提供に起因する事故
  • ワイドプラン

    ベーシックプランに加え、

    • 3サイバー攻撃に起因する対人・対物事故
    • 4サイバー攻撃に起因する2または3のおそれ

補償されるプラン

最大60%
割引き
サイバーセキュリティ保険では、
高度なセキュリティ対策を行っている場合に、
最大60%の割引の適用が可能となります!

このページはあいおいニッセイ同和損害保険株式会社の「サイバーセキュリティ保険」を説明したものです。ご契約にあたっては必ず「サイバーセキュリティ保険パンフレット」および
「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。
また、詳しくは「普通保険約款・特約集」をご用意していますので、弊社までご請求ください。

ご不明な点につきましては、お問合わせください。
「サイバーセキュリティ保険」は「サイバーセキュリティ特約セット包括職業賠償責任保険」のペットネームです。
(2020年●月承認)取扱代理店:株式会社モンキー・アドヴァタイジング